2008年05月04日

腹筋運動(腹筋上部)

腹筋運動の基本。
腹筋(腹直筋)は恥骨陵と恥骨結合から剣状突起と第5〜7肋軟骨までを繋ぐ筋肉。
簡単に言えば恥骨〜ミゾオチに付いた筋肉。コレを伸ばしてから収縮させる運動。

この運動は主に腹筋の上部に効きます。

@スタートポジション
 膝を軽く曲げて上向に寝る。
 または上向に寝てソファーとか椅子に脚を乗せる。
(この時は股関節と膝関節は90度よりやや浅く曲げる)
Aスタート
 深呼吸して少し胸を張って腰を反らす(お腹が伸びる感じ)
B腰を曲げながら起き上がる。起き上がるは角度は約30度。
(おへそが見えるまで)
Cフィニッシュ
 腹筋を完全に収縮させて息を吐き切る。(この状態で一瞬止める)
Dスタートポジションに戻り再び腰を軽く反らし「腹筋を伸ばしてから収縮させる」を繰り返す。

situp02.jpg

situp01.jpg

※よくある間違い。

・脚を伸ばしたまま起き上がる。
腰仙部にかなりの負担となり腰痛の原因になります

・起き上がるとき30度以上起き上がる。
腹筋は恥骨からミゾオチまでの筋肉。膝に顔が近付くまで起き上っても無意味。起き上がってしまうとその間、腹筋は休憩してしまうので効果が薄れる

・起き上がるとき首の後ろで手を組む。
首の後ろの靭帯を伸ばしてしまい頚部を傷める。正しくは胸の前で腕を組むかお腹の上に乗せて行う。

バッタみたいにバタバタ起き上がるのではなく1回1回丁寧に起き上がる。丁寧におこなえば20〜30回ぐらいが限界。 



☆☆☆☆☆幸道整体カイロプラクティック☆☆☆☆☆


大阪府泉南郡熊取町五門東3-33-36
       TEL:072-453-5174

ホームページ:幸道整体カイロプラクティック
http://www.eonet.ne.jp/~koudou/
ホームページ:腰痛整体院・幸道整体
http://koudou.client.jp/
ホームページ:カイロプラクティックについて
http://www.koudou-ch.com/


posted by koudou at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 腹筋
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14628542

この記事へのトラックバック