2008年05月07日

トレーニングメニュー(拮抗筋を組み合わせる)

筋肉には主働筋と拮抗筋という分け方があります。
1つの動作をする時に作動される筋肉を主働筋といい、その動きと逆に働く筋肉を拮抗筋といいます。
お互いに影響しあう筋肉群を組み合わせるトレーニング方法です。


@胸と背中のトレーニングを組み合わせる。
A肩の前面と上腕二頭筋を組み合わせる。
B肩の側面&後面と上腕三頭筋を組み合わせる。
C脚の前面と後面を組み合わせる。

@腕立て伏せ&懸垂or斜懸垂
腕立て伏せを1セット行ったら休憩ナシですぐに懸垂を行います。
1セットずつ出来たら休憩。これを3〜5セット。

Aダンベルプレス&カール
ダンベルを持ち頭上に上げます(片方ずつ交互上げる)10回ずつ上 げ終わったら休憩せずに、そのままダンベルを使いダンベルツーハンズカール(片方ずつ交互に行う)

1セットずつ出来たら休憩。これを3〜5セット。

Bラテラルレイズ&ダンベル・スタンディング・フレンチプレス
ラテラル・レイズで三角筋側面を刺激。1セット終わったら休憩ナシでダンベル・スタンディング・フレンチプレスを1セット。これを3〜5セット。

C脚の前面と後面
レッグ・エクステンションとレッグ・カールを休憩を入れずに1セットずつ。1セットずつ行ってから休憩。これを3〜5セット

月曜日@・水曜日AB・金曜日C・土日OFF
短時間で出来ますが刺激が強いので週3回を目安に。


☆☆☆☆☆幸道整体カイロプラクティック☆☆☆☆☆


大阪府泉南郡熊取町五門東3-33-36
       TEL:072-453-5174

ホームページ:幸道整体カイロプラクティック
http://www.eonet.ne.jp/~koudou/
ホームページ:腰痛整体院・幸道整体
http://koudou.client.jp/
ホームページ:カイロプラクティックについて
http://www.koudou-ch.com/
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14719616

この記事へのトラックバック