2008年05月08日

ふくらはぎのトレーニング法・基本動作

ふくらはぎのトレーニング方法の基本的動作の説明です。

カーフレイズ

動作としては立位で踵を上げ爪先立ちをする。
出来ればフラットな場所でするより5センチ位の踏み台を用意するか階段を利用する。

@軽く脚を開いて足の裏前方半分ぐらいを台に掛ける。
Aゆっくりと踵を降ろし「ふくらはぎ」が充分ストレッチされてから踵を上げ爪先立ちになる。
B目一杯爪先立ちをした位置で一瞬止める。そして繰り返す。
ふらつくので手すりを持つか壁に手を当てて体を安定させて行う。

【応用編として】
基本的な動作は膝を伸ばしたまま行いますが軽く膝を曲げたまま行うと「ふくらはぎ」だけではなく太ももの裏側、臀部にまで効きます。

・足の先を内側に向けると「ふくらはぎ」の外側に効きます。
・足の先を外側に向けると「ふくらはぎ」の内側に効きます。

ここの筋肉は普段から歩行時に、よく使われていて刺激に強いので回数としては。

1セット20回は行う。
セット数は3セット。


☆☆☆☆☆幸道整体カイロプラクティック☆☆☆☆☆


大阪府泉南郡熊取町五門東3-33-36
       TEL:072-453-5174

ホームページ:幸道整体カイロプラクティック
http://www.eonet.ne.jp/~koudou/
ホームページ:腰痛整体院・幸道整体
http://koudou.client.jp/
ホームページ:カイロプラクティックについて
http://www.koudou-ch.com/
posted by koudou at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ふくらはぎ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14742998

この記事へのトラックバック