2008年05月09日

座り方で肥満防止。

座り方1つで肥満になりやすい場合もありますのでここでチョット参考までに。

【やってはいけない座り方・床や畳の上で】
ペチャンコ座り。
あぐら。
しがみ座り。(いわゆるヤンキー座り)
横すわり。
体育座り。
正座。

【やってはいけない座り方・椅子で】
浅く座る。
脚を組む。
内股で座る。
脚を広げて座る。
膝から下を斜めにする。

◎正しい座り方
☆あぐらの場合だとお尻の下に座布団やマットなどを引いて腰椎(腰の骨)が伸び易くします。
正座は膝を閉じ背筋を伸ばせばOK。でもどちらも長時間はオススメできません。

☆椅子に座る場合は深く座る。背筋を伸ばす(簡単な事ですがなかなか出来ていない)

普段やってはいけない座り方をすると骨盤の歪みがキツクなります。すると・・・・・。
骨盤が歪むと腰から下の代謝が悪くなり、脚がむくんだりセルライトができたり下半身太りを招きやすくなります。
骨盤が歪んで腰椎との角度が狂いだすと骨盤と股関節、腰椎を繋げる大腰筋の筋力も弱くなり下腹がポッコリと出る。

下半身の代謝低下、ホルモンのバランスの崩れからリンパや血流が滞り胃腸機能や腎機能の低下を招き冷えや便秘、生理不順、腰痛、肩こり、更年期障害、O脚、膝痛 の原因に!

座る姿勢にご注意を!



☆☆☆☆☆幸道整体カイロプラクティック☆☆☆☆☆


大阪府泉南郡熊取町五門東3-33-36
       TEL:072-453-5174

ホームページ:幸道整体カイロプラクティック
http://www.eonet.ne.jp/~koudou/
ホームページ:腰痛整体院・幸道整体
http://koudou.client.jp/
ホームページ:カイロプラクティックについて
http://www.koudou-ch.com/
posted by koudou at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14773252

この記事へのトラックバック